こんにちは、えりすけです。

今回は Tシャツヤーンを使ったバスマットの作り方をお届けします。
ワタシは編み物出来ないので、「編まない」やり方で作るバスマットですが よかったら見て行ってくださいね。

Tシャツヤーンをねじって巻いて 布用ボンドでとめていくだけなので簡単に作れます。
この布用ボンド、水に濡れても剥がれないので洗濯機で洗濯もOKですよ。

Tシャツヤーンで作るバスマット

それではTシャツヤーンを使ったバスマットの作り方スタート!

Tシャツヤーンを使ったバスマットの作り方

材料

Tシャツヤーンで作るバスマットの材料
  • Tシャツヤーン 約44m
  • リボン 約30cm
  • 布用ボンド(今回は コニシ布用ボンドクリアー を使いました)

作り方

①Tシャツヤーン11mにカットしたものを2本結びます。
この結び目が巻いていく時のスタート部分になります。

②Tシャツヤーンをクルクルとねじりながら円をつくっていきます。

ところどころ布用ボンドでとめながら作業していくとキレイな円ができます。

③円が大きくなってきたらテーブルなど作業台となるものの上で巻いていきます。
この時、左手でギュッと押さえながら作業するとよいでしょう!

ひっぱると隙間ができますが、仮止めの段階なので大丈夫。

④巻き終わりを布用ボンドでとめて 1時間ほど乾かします。
洗濯ばさみなどで固定したら乾くまで触らないのがキレイに仕上げるコツです。

⑤隙間に布用ボンドをいれていき さらに乾かしていきましょう。
これでひとつの円ができました!

⑥もうひとつ、同じサイズの円を作ったらリボンで連結してできあがりです。


バスマットを作ってわかった布用ボンドの実力

出来上がったバスマットを使ってみた感触としては、
Tシャツヤーンの肌触りがよいので素足でのった時も気持ちが良いなぁ、と思いました。

使った布用ボンドに「水に濡れても大丈夫」と書いてあったのを 最初信じられなくて(笑)
洗濯機に入れて洗う時ちょっと不安だったのも事実です。

結果、洗っても本当にボンドが剥がれなくてビックリ。


編まずに布用ボンドでくっつけるだけというのは、編み物や縫い物が苦手だけど工作は大好き!という人にはピッタリの作り方ではないのかな?と思います。

Tシャツヤーンのいろいろ

Tシャツヤーンは今いろいろな色、柄があって見ているだけでもワクワクしますね!

季節によって色や柄を変えて作るのも楽しいと思います。

寒い季節にはほっこりとあたたかく感じる色、
暑い季節には涼しげな色や柄など
季節にあったTシャツヤーンをチョイスすると楽しい暮らしのアクセントになるのでは?と思います。

もう着なくなったTシャツが家にたまってるんだけど!
という方は そのTシャツを裂いてTシャツヤーンを作るというのもオススメ。

世界にたったひとつの、すてきなハンドメイドになりますね。