こんにちは、えりすけです。

住みながら家をつくっているワタシ達なので
この家に引っ越してきた当時はまだ吹き抜けに手すりがありませんでした。

まぁ、手すりどころかどこもかしこも未完成で、部屋を仕切る壁もないしドアもなかったけどね。
トイレのドアだけは早くつけたかったんだけどまぁいろいろありまして。

吹き抜けに手すりがないまま1年過ごす

1階から吹き抜けを見上げる

吹き抜けに手すりが無い状態で約1年暮らしていたと思います。

2階で寝袋で寝ていたので
夜中にトイレに行く時は寝袋を脱いで、1階に降りていくという日々。

階段降りる時にこの吹き抜け部分を通るのですが、
寝ぼけて落っこちやしないか???といつもヒヤヒヤしていました。

それなら早く手すりつければよかったのに、と言われそうですが
住みながら家つくってるので下から石膏ボードなどを2階に持ち上げるときに、ここに手すりがないほうが都合がよかった、というのがあります。

大きいものは全てここから持ち上げたりおろしたりしていました。

今ではこの反対側に階段があるのですが、まだ階段つけてない頃はよくこの吹き抜け部分にはしごをかけてそこから2階にあがったり1階におりたり、、

階段のない生活も、それはそれで楽しかったような。
ま、今より若かったので身体もよく動いたしね( ´艸`)

そんなこんなで
役1年後にやっとつくった手すりがこちらなんですが・・・

山小屋風手すりがついた吹き抜け

最初の手すりは失敗作

山小屋風?

作った後に気が付きました、失敗だった!!!と。

いったい何が失敗だったのかといいますと、バッテンのところにほこりがたまりやすいのです。
しかも掃除機のノズルも入らなくて掃除がしにくいったらありゃしない。

掃除がしにくいというのはストレスがたまります。

もっと掃除のしやすい手すりに作り替えよう、作り替えなければ!!と、思っていましたがズルズルと月日は流れ・・・結局動き出したのはここからさらに6年後(;’∀’)の事でした。

掃除のしやすい手すりに作り替え

いよいよ吹き抜けの手すりを作り替える日が来ました。
(こういうのはある日突然やってきます、きょうがその日だ!と)

相欠き接ぎで手すりDIY

ホームセンターで買ってきた角材を置いてみて「よし!このカタチで行こう!!」と。

ノミとトンカチで相欠き接ぎ

相欠き接ぎで組立てて

相欠き接ぎで作った手すり完成

なんとかカタチになりましたよ。

お気に入りのペンキ「バターミルクペイント」を塗ってとりつけ。
色は「ピクチャーフレームクリームカラー」です、7-13番!


2代目手すりは大成功!

なかなか解放感があって気に入っております。
今度のは大成功です、掃除もしやすい!

次にもし作り直すことがあるとしたら、アイアンなんかもいいなぁ(妄想)
ペンキ塗っても可愛いかも♪