こんにちは、えりすけです。

部屋の中に室内窓を作ろう!

明り取りや換気の為に家の中に室内窓があったらなぁ!

そんな時、DIY室内窓を作ってしまうというのはいかがでしょうか?
部屋の中に窓があると光や風を取り込めるので、毎日の暮らしが断然心地よいものになります。

今回は、自分で作った我が家の室内窓を紹介しますね。

室内窓DIY


室内窓を作って家の中隅々まで光と風を通したい

現在もDIYで家をつくっている途中の我が家です。

最初はこの通り、柱だけだったので(ここまでは大工さんにやってもらいました)
どこにいても光が差し込み明るく、家の窓を開ければすべての場所で風を感じることができました。

が!そこに壁を作っていく過程ではたと気が付いたのです。

壁を作っていく前の状態

壁を作ることで 外からの光が届くところと届かないところが、できるなぁ・・・
そして光の届かないところは風の通りも期待できそうにないぞ、と。

特に暗くなってしまいそうだったのが 洗面所の横の、洗濯機置き場となる予定のスペースでした。

洗濯機置き場となるスペース部分に石膏ボードをはりながら思ったのは、意外とこの場所暗くなるなぁという事。

「・・こんなに薄暗くて空気がよどんでいるような場所でこれから毎日洗濯するのか?ワタシは。」

想像したら急にやる気ダウン。
石膏ボードをはる手をとめて考え込んでしまいましたよ。

いやいや、それはなんとしても避けたい!

そうだ。

窓をつくればいいんじゃないかな、と思い付きました。
部屋の中に光と風を通すための室内窓をDIYすればいいのでは??

我が家のDIY室内窓いろいろ

とりあえず室内窓にしたい部分だけ石膏ボードに穴をあけておいて、あとからゆっくり窓を作っていきました。

それがこちらです。(この窓のある壁の向こう側が洗濯機置き場)

室内窓DIY

この壁に作った3つの室内窓、上から

採光の為のFIX窓
風を通すための窓
なんちゃって窓

となってます。

一番上の室内窓のガラスは、以前使っていた食器棚を処分する時に扉のガラスを外しておいたものです。
可愛いチェッカーガラスだから捨ててしまうのがもったいなく、再利用してみましたよ。

押縁でとめる方法を大工さんに教えてもらって取り付けました。

二番目の室内窓は普段は扉を閉めておいて、換気したい時にパカーッと開けています。

室内窓DIY

三番目の室内窓は飾りとしての「なんちゃって窓」
古材と番線で作りました。

取り外し自由なので気分によって置き場所変えて遊んでおります。

なんちゃって窓DIY

3つの窓の反対側の壁にもガラスのない小さな室内窓をDIYで作ったので ちょうど良いぐあいに風も抜けて心地よい空間になりました。

光が届く、そして風も抜けるこのスペースで今では毎日気持ちよく洗濯できてます。

室内窓のDIY作戦、大成功!

室内窓が作れるならニッチだって作れちゃう!

室内窓の作り方は、簡単に言ってしまえば
「壁をくり抜いて窓枠を作ってはめてあげれば完成」です。

ただ、部屋の壁をくり抜く場合は 家の図面などを見て中がどうなっているのかをまず最初に確認しておくことをオススメします!

筋交いがあったりしたら室内窓作れないし、壁をくり抜く際にあやまって電気のケーブルを傷つけちゃったりしても大変なので!その辺りは気を付けてくださいね。

DIYで家の中の壁をくり抜くことができれば、室内窓にする他「ニッチ」にすることも可能ですね!
「ニッチ」を作って棚として利用するなんてこともできてしまいます。

棚にした「ニッチ」に蝶番を使って このような透明ガラスのナチュラルな窓を固定したら、素敵な扉になりそうですね。

「ニッチ」に雑貨などを飾ってもホコリが気になっちゃう、、という場合は扉があるといつでもキレイをキープできそうです。

我が家もあっちこっちにニッチを作りました。
その辺のお話はまた今度じっくり書きますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
室内窓はDIYで作れます。
明り取りや換気の為、ということももちろんですが、向う側の景色を眺めて楽しむというだけでも作る価値はあるのでは?と思います。

自分で作った窓は可愛いですよ。

向こう側にいる人と 窓を通しておしゃべりするのも、楽しいんだな(* ´艸`)

ガラスをはめるのかはめないのか、
はめるとしたらどんなガラスを選ぶのか?

ガラスの種類によって向う側の景色の見え方も変わっておもしろいとおもいます。

こちらの「部屋と部屋をつなぐ内装用の木製窓」もとっても素敵なんです!
選べるガラスの種類がたくさんあるので迷っちゃいそうですが、本格的な室内窓がDIYで実現できると思いますよ。




例えばガラスだけ買ってあとは自分でDIYで壁にはめる場合、押縁と一緒に購入できるのはありがたいですね。泡入りガラスも可愛い ↓

もっと簡単に、壁にかけるだけで雰囲気を楽しみたい方はこちらもオススメです。

記事を書いていたらワタシもまた窓をつくりたくなってきました。
こんどの窓はどこに作ろう、ウシシ。

妄想はふくらむばかりです。