こんにちは、えりすけです。

涼をとるための打ち水

暑い季節をどうやってのりきろう?
暑さが大の苦手で暑くなってくると息も絶え絶え(;´Д`)動きもノロノロ。
こんなワタシなので毎年、夏が近づいてくるとアレコレ考えるようになりました。

日よけをつけたりゴーヤーのカーテンをつくってみたり。
打ち水も試してみましたよ。

暑い夏の朝夕、庭に打ち水をすると 確かに少し涼しくなりますね。
打ち水をしたあとに涼しい風がサァーッとふいてくるあの感じ、たまらなく好きな瞬間です。

ついつい外の水道にホースをつないでジャージャーと庭にまきたくなってしまったりするのですが、これだともったいない。環境にもやさしくない。

できれば雨水を貯めておいて 打ち水に使えればなぁ〜と思っていました。


ずいぶん前のこと。
雨が降っている時に家の雨どいをくるんと動かして向きを変え、バケツに雨を貯めているおじさんをテレビでみた時は衝撃でした。

なんだこれは!
こんなに簡単に雨を貯められるのか!
しかもおじさんニヤニヤしちゃってものすごく楽しそうだし。
この雨どい、どういう仕組みになっているのだ???

おじさんの雨どいがどうなっているのか?
そこまでテレビでやってくれなかったので悶々としていたのですが・・・

その後何年かたって、こんなものに出会いました。

雨水取り出し口パッコン

テレビでみたおじさんのとはちょっと違うけど、これで充分なんじゃないか?と

我が家の雨どいにつけてみることにしました。

縦といをカットしてパッコン装着

シルバーだったパッコンを茶色いペンキで塗り、とりだし口の部分に「O P E N」とシールを貼ってみましたよ。

雨水取り出し口パッコン
雨水取り出し口パッコンをペイント
縦といを切る
縦といカット

パッコンを装着する為におそるおそる、縦といをノコギリで切ってみました。


本当に切っちゃって大丈夫なのか?という自分と
説明書に切れって書いてあるんだから大丈夫!という自分
ふたりの自分がココロの中でせめぎあい(笑)

最初は勇気がいったけど、切り始めたからには後へは引けない(;’∀’)
頑張りました。

縦といが切れた
縦といカット完了

切れました!

縦といに雨水取り出し口パッコンを装着
縦といにパッコン装着

いま切ったところに パッコンをはめればもう完了!
アラ意外と簡単にできちゃうんですね。

そして。

ワタシがこの雨水取り出し口をつけたのを待っていたかのように、次の日雨が降ってきましたよ!!
取り出し口を開けて待っていると・・・

パッコンから流れてくる雨
バケツに雨を貯めよう

キターーーーーー!

キマシターーーーー!!
雨が、バケツの中にポタポタ集まってきましたー!!

ポタポタと落ちてくる雨が可愛くて、しばらくホケーッと見とれてしまいましたよ。
取り出し口を開けたままにして家の中に戻りました。

貯まった雨水

次の日 目が覚めて一番最初に頭にうかんだのは・・・
「そうだ、昨日の雨!どれくらたまったのかな?」という事でした。

外に出て見てみると・・・

バケツいっぱい貯まった雨水
バケツいっぱいの雨水

おお!ピカピカの雨水がバケツいっぱい貯まっています。

せっかくの、空からの贈り物。
何だか愛おしくて、これはたいせつに使わなくてはとしみじみ思いましたヨ。
たまった雨水をじっくり見たことなかったけどとってもキレイなんですねぇ、
そういえば雨水は腐らないって どこかで読んだことあるなぁ。

バケツに貯まった雨水の使い道
バケツに貯まった雨水利用

打ち水として使うほか、シャベルなんかを洗うのにも使えます。

ちなみにこのバケツ。
ホームセンターで買った無地のブリキバケツにペンキを塗ってからステンシルしてみたもの。
(その時の記事はこちら→https://erisuke.exblog.jp/22152069/

使ったステンシルシートはこれです。
「雨粒のリズム」

バケツなんかじゃ足りないわ〜
雨水もっとたくさん貯めておきたいわ〜
という場合は大きな雨水タンクはいかがでしょう。

↑50リットル貯められるそうです、これくらいあれば災害時にも使えそうですね。


↑こちらは150リットル貯められる雨水タンク。
グッドデザイン賞受賞されただけあってオシャレです!

雨水を貯めたバケツと朝陽
雨水取り出し口パッコンとバケツ

自分で貯めた雨水は、愛しい。
これからも雨を使った打ち水で 涼しく過ごしたいと思います。