こんにちは、えりすけです。

手作りのドライヤーホルダー

今回はズバリ、ドライヤーを手に持たずに使う為のドライヤーホルダーの作り方をお届けします。

使う材料は番線キャップのみ!
道具もペンチがあればOKです。

作る為の時間もお金もかからず この手作りドライヤーホルダーけっこうイイかもしれません。

理由は下に書きますが、ドライヤーを手に持たずに使えればなァ、、、とずっと思っていたのです。
このドライヤーホルダーを手作りしたことでワタシの悩みはあっけなく解決しました(笑)

ということでこのドライヤーホルダーの作り方を紹介しますね。

とっても簡単なので よかったら参考にしてみてください!

まずは、どうしてドライヤーホルダーを作ろうと思ったのか?
その辺りから書いていきたいとおもいます、少しお付き合いくださいませ。

ドライヤーを手に持たずに使いたい

①ドライヤーが重い。
髪を乾かすあいだじゅう手に持ってると疲れるようになりました。。(トシのせいか?)

②乾かす時は両手でわしゃわしゃーっとやりたいんだけど。
(そのほうが早く乾くような気がする)

③片手がふさがっていると 
ロールブラシでブローしながら乾かすことができない!

①②③の悩みをいっぺんに解決するには
ドライヤーをどこかに固定したまま使える「ホルダー」のようなものがあればいいのではないか???と考えていた日々。

そういうものが「ドライヤースタンド」とか「ドライヤークリップ」とか「ドライヤークランプ」とかいう名前で商品化されていることもまったく知らずにいました、ハハハ。



ドライヤーを固定させておけるものを、どうにか自分で作るしかない!

と思っていました、いつものように今そこらへんにあるもので。
思っているだけなのででいつまでたってもできませんでしたが···。

ある日、もう自分でドライヤーを持ちながら髪を乾かすのも限界だ!!
今日こそはドライヤーホルダーを作るぞ!と決心しました。

使えそうな材料は何か?

家の中を見渡し、ウームと考えて・・

そして目をつけたのが番線です。
大好きな番線は いろいろなDIYに使えるのでいつもストックしてあります。

ドライヤーホルダーの簡単な作り方

材料

番線
●デザインキャップ

道具

ペンチなど

作り方

①ペンチを使って番線をまるめてみたりひねってみたりして
こんなカタチにしてみましょう。
(お手持ちのドライヤーに合わせて大きさは調整してくださいね)

手作りドライヤーホルダー

*ワタシの場合、時間にしてたった5分もかかりませんでした。
(こんなに簡単にできるんだったらもっと早く手をつければよかったわ。)

②切りっぱなしの番線の先っちょが危ないので
デザインキャップをポチッとつけます。

③完成!!
早速ドライヤーにセットしてみたのがこちらです。

手作りドライヤーホルダー

しっかりホールドしてくれてます、さすが番線!力持ち。

手作りドライヤーホルダーは長さ調節も自由自在

こちらは洗面所の棚からぶら下げてみたところです。

手作りドライヤーホルダー

先ほど作ったものに、長さ調節の為の番線をさらに継ぎ足しています。

自分が鏡の前に立った時にちょうどよい高さになるように調節しました。
こんなふうに番線を継ぎ足していくことで簡単に長さ調節も出来ちゃうのが手作りの良い所ですよね。

早速ドライヤのスイッチを入れて使ってみたらとてもいい!!
片手でドライヤーを持っていなくていいので
自分の手はロールブラシを持ってブローに専念できます。

「いいぞいいぞ、いいもの作っちゃったなァ」
嬉しくてニヤニヤ笑いがこみ上げてきます。

ドライヤーの風を受けながら笑うオンナ・・・気持ち悪ッ( ̄▽ ̄)

ドライヤーホルダー作りで大切な事

さて、最後にひとつ。

番線でドライヤーホルダーを作る時の一番のポイントを紹介して終わりにしたいと思います。

手作りドライヤーホルダー

↑ ここにスキマを作ることが大事!

ドライヤーをセットするとき、このスキマからコードを通すことで着脱が簡単になります。

お金も時間もかけずにドライヤーホルダーを作ることができて大満足です。
ワタシと同じようなお悩み持っていらっしゃる方よかったら試してみて下さいね。
番線はホームセンターにも置いてあります。(10本入りで100円ちょっと)

手作りドライヤーホルダー

こちらも番線を使って手作りしました↓