こんにちは、えりすけです。

今回のテーマは「紙を丸く切る方法」

例えば丸いお皿なんかを紙にのせてなぞって線を引き、ハサミでちょきちょき切っていけば簡単に丸を切ることができますが・・・

今回はもう少しきれいに、正確な丸を切る方法をお伝えしていきたいと思います。

目次

おすすめ円切りカッターic-1500P
円切りカッターic-1500Pの使い方
まとめ

おすすめ円切りカッターic-1500P

正確な丸を切るにはやっぱり正確な丸を切れる優秀なカッターがあると便利ですよね。

ワタシがおすすめしたいのがこちらの円切りカッターic-1500P

紙を丸く切る方法
円切りカッターを使って紙を丸く切る

これはいつ買ったんだろう?
最初に買ったコンパスカッターが、真ん中に針があるタイプのもので、どうしたって穴があいてしまうのです。

ワタシの場合、丸く切った紙で何を作りたいのかといいますと・・・
タグだったりシールだったりするわけで、そうなると真ん中に針の小さな穴でもあいていないほうが良い。

「真ん中に穴があかないカッターってないのかな???」

と探していて見つけたのがこちらの円切りカッターなのです。

紙を丸く切る方法
針を出した状態の円切りカッター

普通に針を出して使う事もできますが

紙を丸く切る方法
針を出さない状態の円切りカッター

針を引っ込め、固定具をつけて紙をカットすることで、丸く切ったあとの紙に針の穴があきません。

ワタシの場合はいつも針は引っ込めっぱなし。
固定具つけっぱなし。
この状態で使っておりますヨ!

紙を丸く切る方法
円切りカッター取扱説明書

円切りカッターic-1500Pの使い方

さてそれでは円切りカッターの使い方を紹介しますね。

紙を丸く切る方法
円切りカッターの目盛りを切りたい直径にセット

今回は折り紙を使って直径4センチの丸を切り抜いていきたいと思います。

ということで、まずは円切りカッターの目盛り表示「4」のところに印をあわせて固定ネジを締めガッチリ固定!

机やテーブルなどの作業台を傷つけない為に、カッターマットを敷いておくことをおすすめします。

紙を丸く切る方法

折り紙の、切りたいところに円切りカッターを置いたらセンターヘッド(上の丸い部分)をぎゅっと押さえ、全体をゆっくり回転させていきます。

横から見たらこんな感じ ↓

紙を丸く切る方法

センターヘッドをちゃんと押さえていないと、本体が動いてしまって上手く丸が切れません。

なので、ここは集中集中!

紙を丸く切る方法

円切りカッターをクルッと回して、中心に穴のないきれいな丸が切れました~!

ただ丸く切っただけなのに、、丸ってなんてカワイイんでしょうね(*`艸´)

カットした丸は、時間のある時にヒモをつけてタグにしておくとラッピングのお供に使えますよ。

ラッピングに添えたい可愛い丸タグの作り方はこちら

ちなみにこちらの円切りカッター、直径1,8センチの小さな丸から直径17センチの大きな丸までカットすることができます。

この円切りカッターを使ってワタシも今までいろいろなものを作ってきました。

折り紙で作った箱に丸い窓をあけてみたり。
使い方次第でいろいろなものが作れると思います。

円切りカッターを使った作品は、記事の最後のほうでもいろいろと紹介していますのでよかったらご覧になって下さいませ。

まとめ

紙でキレイな丸を切るには、円切りカッターic-1500Pがあると便利です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

円切りカッター IC1500P
価格:1155円(税込、送料別) (2021/12/21時点)


↑こちらの円切りカッターがあれば直径1,8~17センチまでの丸がカットできます。

それよりも大きい丸をカットしたい!

という場合には、延長スライドに付け替えれば40センチの大きな丸までカットできるとの事。


ちなみに替刃はこちら!



関連記事・円切りカッターを使って作ったいろいろ
丸いシールでビニール傘のリメイク

丸く切った折り紙で作る傘モビール

100均の三面鏡リメイク

折り紙で作る箱