こんにちは、えりすけです。

折り紙で作る箱
折り紙で作る箱(フタ付)

今回は、折り紙で簡単にを作る方法をお届けします。

折り紙で箱を作ると言ってもいろいろなやり方がありますが・・・

実は今回ご紹介する作り方、折り紙でマチ付き紙袋を作っている途中で「あ!カクカクさせたら箱になるのね。」と気づいたやり方です(笑)

今回の箱作りのもとになったマチ付き紙袋の作り方がこちら ↓

今回の箱と、途中まで同じ作り方です!

箱を作ってみて余力があったらぜひマチ付き袋のほうも作ってみて下さいませ。
ちょっとした部分を折ったり折らなかったりするだけで、箱になったり袋になったりが面白いのです。

それでは今回は、折り紙を使った箱の作り方を説明していきますね!

出来上がりサイズは5センチ×8センチ×高さ6.5センチ(高さはお好みで調節できます)

15センチ角の折り紙が2枚あれば出来ちゃう箱です。
お好みでフタを作る場合は、折り紙がプラスもう1枚あればOK!

今回は、ドイツのメーカーの両面折り紙を使いました。
この折り紙、カワイイうえに厚みもあって折りやすいです。

シンプルなカタチの箱なので、アレンジ次第でどのようにも変化させることもできますよ。
フタをつけたり丸い窓を開けて中身をチラ見せしてみたり(!)

身近にある折り紙で、ぜひ箱づくり楽しんでみて下さいね。

折り紙で作る箱
折り紙で作った箱にまるい窓をあけてみた!

折り紙2枚使った簡単な箱の作り方

用意するもの

折り紙2枚(15センチ角)
カッターナイフ、もしくはハサミ
のり
両面テープ

作り方

折り紙で作る箱

①2枚の折り紙をこのように、はじから5センチのところで折っておきます。

折り紙で作る箱

②折ったところ(5センチ分)を重ねてのりで貼ります。

折り紙で作る箱

③斜線部分をカットします。

折り紙で作る箱

④切れました!!

折り紙で作る箱

⑤半分に折ります。

折り紙で作る箱

⑥両はじから2.5センチのところに折り筋をつけておくと、後で箱にする際にラクです。
折り筋は、インクのでなくなったボールペンなどでギュッと線をひくようにすると上手くつきますよ。

折り紙で作る箱

⑦底の部分をこのように折ったら・・・

折り紙で作る箱

⑧4つの角を折ります。

折り紙で作る箱

⑨いったん開いて、三角の斜線部分にのりをつけてからまた畳むと仕上がりがキレイになります。

折り紙で作る箱

⑩先ほど折り目をつけておいた4つの角の三角部分も、のりで貼り付けておきます。

折り紙で作る箱

⑪両脇の、のりしろ部分に両面テープを貼っておき、、、

折り紙で作る箱

⑫折り筋をつけておいたところを折込みながら箱にし、両面テープの剥離紙を剥がして両脇を貼り合わせます。

折り紙で作る箱

⑬上の部分を好きなだけ中に折り込んだら、箱の完成です!
(今回は3.5センチ折り込んだので、最終的な箱の高さは6.5センチになりました。)

フタの作り方

お好みで、フタも作っておくと何かと便利です。

まずは折り紙を8.6センチ×12センチの大きさにカットしておきます。

折り紙で作る箱

↑白い線のところに折り筋をつけ、黒い線のところは切込みを入れておきます。
いきなりここだけ単位がミリになりました、ゴメンナサイ。 m(__)m

折り紙で作る箱

のりで張り合わせながらこのように折っていけば、箱状のフタのできあがり!

折り紙で作る箱

このままのフタでも良いですし、取っ手をつけても可愛いですね。

取っ手部分は9ミリ巾に折った折り紙に穴をあけて、小さな割りピンで固定しました。

フタがあると、「中に何が入っているのかな?」とフタを開ける楽しみがありますよね。
たとえ中身を知っていても、フタを開けるという行為自体がワクワクすると思いませんか(*`艸´)

ワタシの場合はフタが作りたくて本体を作っているような、そんな気がする今日この頃です。

まとめ

折り紙を使った簡単な箱の作り方をお届けしました。

2枚の折り紙を貼り合わせることで、底の部分に強度のある箱が簡単に作れます。

キャンディなど入れてデスクの上に置いておいても良いですね!
いろいろな色で作っておくと、見た目にも楽しめると思います。

ぜひお好きな色で作ってみてくださいね。

今回使ったドイツの両面折り紙がこちら

カラフルで小さな割りピンはペーパークラフトと相性が良いですヨ。


関連記事

余った紙を有効利用!ペリッと剥がせるメモ帳の作り方

折り紙10枚使ったクリスマスツリーの作り方

段ボールで作るペーパートランク