こんにちは、えりすけです。

今回紹介するのはアップサイクルのアイデア!
壁掛けフックの作り方です。

アップサイクル・壁掛けフックDIY
アップサイクルの壁掛けフック

壁掛けフックの作り方と言っても市販の壁掛けフックのようなキチンとしたものではなく、余った板や錆びた釘、そのほか家に眠っている使えそうなものは何でも使っちゃえ!というようなユルユルDIYです。
アップサイクルとも言います。

その辺に転がっている物を使って作るアップサイクルは楽しいですよ~(*`艸´)

余り物で作るといってもちゃんと使えます。

もう出番がないから捨てるしかないのかな???と思っていたあれやこれやがまた活躍するのですからやらない手はありません。
ゴミを減らすことにもつながりますね。

そういえば家の中に、もう使わないけどなんとなく捨てられないものがたくさんあるぞ!
という方にぜひおすすめしたいアップサイクルの壁掛けフックDIY。

それでは大まかな作り方を書いていきますね。

壁掛けフックの作り方

①まずは家の中で眠っているものを引っぱり出してくる

アップサイクル・壁掛けフックDIY
壁掛けフックDIYの材料

家の中に眠っている、何となく捨てられないけど何かに使えそう!というものを引っぱり出してきましょう。
我が家の場合はこのようなモノ達

・半端に余った1×4(ワンバイフォー)
・半端に余った有孔ボード
・ひとつだけ余った100均のツマミ
・取り替えて不要になった家のデンデン
・錆びた釘
・物置の隅に落っこちていた番線
・端材
・モルタルを固めて遊んだ「丸」

②それぞれのパーツに少し手をかけてあげると表情が出る

アップサイクル・壁掛けフックDIY

例えば丸い端材の周りに針金をプラスしてお花のようにしてみたり・・・

アップサイクル・壁掛けフックDIY

長年の汚れがついたデンデンは、きれいに拭いてから白いペンキを塗っておめかし。

*デンデンとは家の雨どいをとめておく金具

③土台にそれぞれのパーツを適当にはりつけていく

アップサイクル・壁掛けフックDIY

土台にしたのは、半端な長さの1×4(ワンバイフォー)材と、これまた半端な有孔ボードを合体させたものです。

そう、長さが足りなかったら半端な長さのものどうしをくっつけて長くすればいいのです。
SPFの1×4(ワンバイフォー)材に有孔ボードを継ぎ足して土台にしたってOK!

1×4(ワンバイフォー)と有孔ボードの巾が違ったとしてもそれはそれでおもしろいカタチになりますよ。

土台にそれぞれのパーツを貼り付けていきましょう。

バランスを見ながら好きなように。

④完成〜!

アップサイクル・壁掛けフックDIY

それぞれのパーツをさしたりくっつけたりしたらもう完成!

どうですか?
簡単でしょ。

これでいろいろなものがひっかけられるようになりました。

アップサイクルの壁掛けフックDIY、楽しいのでぜひやってみてくださいね。

壁掛けフックはいくつあっても便利です。
こちらの壁掛けフックは100均のリメイクシートで作りました。

こちらはその辺にあるもので作ったウクレレフック



アップサイクル・関連記事

廃材で作ったパーテーション

段ボールで作ったペーパートランク

トイレットペーパーの芯で工作

古雑誌を使って作ったボックスティッシュケース