こんにちは、えりすけです。

DIYで家を作ってます。

こちらの画像は DIYで作っている自宅の壁に 石膏ボードをはっている頃の写真。

石膏ボードをはる作業中

それまで石膏ボードなんてはったこともなければ もちろんカットなどしたこともなかったのですが、大工さんに教えてもらってどうにか作業できるようになりました。

今回は、その作業の中でも「石膏ボードのカットの仕方」を書いていきますね。

石膏ボードのカットはカッターナイフを使う

石膏ボードを切る時は カッターナイフを使います。

初めて聞いたときはちょっとビックリしました。
(なんかもっと専用の道具があるんじゃないのか?と密かに思っていたのです。)

普段使っているごくごく普通のカッターナイフでいいんだよ、と教えてもらって、ああ 新たに道具を買わなくていいんだとほっとしました。

石膏ボードをカットする手順としては・・・

①切りたいところに定規をあてて(画像では角材を定規がわりに使ってます)カッターナイフで線をひく。

石膏ボードのカットの仕方

このように切込みがはいりました!

石膏ボードのカットの仕方

②ちょっと持ち上げてあげると、線を入れたところからパキッと折れますので

石膏ボードのカットの仕方


③石膏ボードの裏についている紙を再びカッターナイフで切り取って完了!

石膏ボードのカットの仕方

石膏ボードをカットするときの注意点 その1

石膏ボードはりの作業中

ワタシが現場の2階で一人セッセと石膏ボードをカットしては壁にはっていくという作業をしていた時のこと。

なにか、視線を感じる・・・

と思ったら 1階で作業してると思っていた大工さんが いつの間にか階段を上がってきていて、そぉーっとこちらを見ています。

ん?なんだろう?と思ったら

「・・・あのね、手を切らないように気を付けてね。俺の仲間で 石膏ボード切ってる時に左手の指を切っちゃったやつがいるんだよ!それだけは気を付けてね!!」と。

素人のワタシがもしかしたら危ない切り方をしてるんじゃないか?
心配してわざわざ見に来てくれたのです。

なんていい人なんでしょ!!!

詳しく聞いてみるとこういうことらしいです。

石膏ボードをカッターナイフでカットする際、カッターの刃が定規をのりこえてしまい 押さえている左手の指をサーッっと切ってしまい怪我する事があると。

だからカッターの刃がのりこえないようにちゃんと危険防止壁のついた定規を使うんだよ!と教えてくれたのです。

こういうのですね ↓


↑ワタシもこれと同じ1メートルの定規を使っていたので大工さんに見せると「これなら大丈夫だ!でもくれぐれもケガしないように」と階段を下りていきました。

それから石膏ボードをカットする時はいつも、大工さんの言葉を思い出してます。

カッターの刃がのりあげないような定規を使ったり 時には角材など厚みのあるものを定規がわりにカットしてみたり。

それからカッターの刃も、切れ味が悪くなったらすぐに交換したほうが良いみたい。

石膏ボードがきれいに切れなくなるのはもちろんの事、知らず知らずのうちに「力」で切ろうとして余計なチカラを入れちゃったりしてかえって危険です。

カッターの刃を安全に折って捨てるのにオススメなのがこちら安全刃折処理器ポキ

「ポキッ」と折るからポキ、可愛いネーミングですね!


石膏ボードをカットする時は、カッターの刃が定規をのりこえないようにくれぐれも注意

カッターの刃はどんどん取り替える!おすすめは「ポキ」

石膏ボードをカットする時の注意点 その2

もうひとつの注意点としては「粉」ですね。

石膏ボードをカットする時、ヤスリをかける時、やたらと粉塵がでますので防塵マスクは必須です。


ちょっと息苦しいような気もしますが、病気になったら大変なので防塵マスクはつけて作業することをオススメします。

ほかにそろえておいたほうが良いもの

石膏ボードをカットしたあとは 切断面にヤスリをかけたり面取りをしたりする必要があります。

石膏ボードヤスリや面取り作業用のハンディカッターなどあらかじめ揃えておくと安心ですね。


ワタシもこの道具たちにはずいぶんお世話になりました!

↓こちらのハンディカッターは、石膏ボードを面取りする時に使います。

普段使っているカッターの替刃をはさんで使えるので便利ですよ。


まとめ

石膏ボードはカッターナイフで簡単に切ることができます。
が、危険ポイントもありますのでくれぐれもケガに注意です!

特に「カッターの刃が定規を乗り上げないように」気を付けてくださいね。

防塵マスクも忘れずに^^