こんにちは、えりすけです。

今回は、DIY初心者さんでも簡単にできちゃう簡単な木箱の作り方を紹介します。
トレイのようにも使えるように、小さな取っ手も付けてみましたよ。

ガーデニングの際にお花をのせて運んだり、このまま台の上などにのせてガーデンラックとしても使えます。

木箱自体がシンプルな作りなので、ステンシルでオリジナリティを出してみて下さいね。

木箱DIY

*ステンシルとは「型」を使って図柄や文字などを刷りだす手法。
「型」は市販のものを使っても良いですし、オリジナルで自作することも可能です。

今回の木箱に使ったステンシルの型は市販のものですが、オリジナルのステンシルシートを使ったDIYの記事はこちらをどうぞ→ステンシルで端材が大変身!

[ガーデニング関連DIY・こちらの記事も合わせてどうぞ!] 
 →スイング扉のガーデンゲートDIY
 →移動式のガーデニング作業台DIY

簡単シンプルな木箱の作り方(出来上がりサイズ450×420mm)

用意するもの

木箱DIY

・巾45mm×長さ910mmの杉板 6枚
 (今回1枚だけ厚さ6mmにしてみましたがすべて同じ厚さの板でもかまいません)
・長さ35mmの極細ビス
・ワトコオイル

・ペンキ
・ウエス
・スポンジ
・100均の取っ手
・ステンシルシート
・木工用ボンド
・ドリルドライバ もしくは インパクトドライバ

*ホームセンターで買いやすいのは910mm長さの板かな?と思ったのでこのサイズで作り方書いていきますが、もちろんこの辺りはお好みで、欲しいサイズの箱を作って下さいね。

*杉板はやわらかいので初心者さんでも扱いやすいと思います。

作り方

木箱DIY

①910mm長さの杉板6枚から、450mmのものを10枚、408mmのものを2枚切り出します。

*カットはホームセンターのカットサービスを使うのが簡単です。
もちろんご自身でノコギリを使ってカットするのも良いですね!

ノコギリで板をカットする時「鋸ガイド」を使うとまっすぐに切れますよ ↓

木箱DIY

②A.B.K.L の板を四角く組んで枠を作り、木工用ボンドで仮止めしておきます。

木箱DIY

③木工用ボンドが乾いたら、35mmの極細ビスで固定していきましょう。

*ワタシの場合ごっつい18Vのインパクトドライバを使っていますが、
こちらのバッテリードライバは小さくてとっても可愛いので初心者さんにおすすめ ↓

木箱DIY

④枠が出来たら底板を取り付けます。
C〜Jの板を間が等間隔になるように並べていき・・・

木箱DIY

⑤ビスで固定します。

木箱DIY

⑥箱の形になったらワトコオイル ダークウォルナットを塗布していきます。
塗った後はウエスで余分なオイルを拭き取っておくのがコツ。


木箱DIY

⑦ワトコオイルが乾いたら、いよいよステンシルです!!
お好きな文字や模様など、ペンキとスポンジを使って自由にステンシルしていきましょう^^

ワタシの場合はアルファベットのステンシルシートを使って G A R D E N とステンシルしていきました。
ステンシル用のスポンジが無かったので、キッチンの食器洗い用でやっちゃいました(;’∀’)


木箱DIY

⑧最後に両側に100均の取っ手をつけたら出来上がり~!

木箱DIY

ワトコオイルのしっとり具合がいい感じ~

木箱DIY

我が家ではテーブルスタンドに乗せてガーデンラックにしています。
飽きたらまた別の使い方をしてみようと思ってます。

木箱はいろいろ使い道があるので いくつかまとめて作っておいてもいいですね。

そういえば以前、もらってきた板でこんな木箱も作ったなァ。
木箱DIYはたのしい!!


関連記事
ステンシルで端材が大変身!

200円の端材で作るガーデン収納ボックスの扉